先端医療的がん治療

iPSで免疫活性化細胞=がん治療に応用期待―京大

iPSで免疫活性化細胞=がん治療に応用期待―京大血液の癌は固形癌と言われる癌に比べて通常療法でも非常に好成績である。このiNKT細胞も同じように良い結果が出そうな気がする。理由としては血液の細胞の寿命が短いために、癌化しにくいことが考えられる。臨床に期待したい。 ************************************iPSで免疫活性化細胞=がん治療に応用期待―京大時事通信 2月10日(水)2時2分配信   人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、人の免疫機能を活性化させる細胞を作製したと、京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らの研究チームが発表した。将来は、がん患者の免疫治療に応用が期待できるという。論文は10日、米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に掲載された。  研究チームは、がん細胞を攻撃するキラーT細胞などを活性化させる働きを持つ「iNKT細胞」に着目。健康な人の血液からこの細胞を採取してiPS細胞を作製し、5週間かけて再びiNKT細胞に変化させた。  こうして若返った「再生iNKT細胞」は、他の免疫細胞の活性化を助ける機能を維持していたほか、... 詳細を見る

天然自然抗がん物質療法

癌になった?種を食べなさい

ブドウの種、~ベリーの種子ががん細胞をアポトーシス(自然死)にみちびくことは有名である。以下の医学雑誌に論文が載っているので参照されたい。Induction of Apoptosis in Human Leukemia Cells by Grape Seed Extract Occurs via Activation of JNKNing Gao,1,2 Amit Budhraja,2 Senping Cheng,2 Hua Yao,2 Zhuo Zhang,2 and  Xianglin Shi2The publisher’s final edited version of this article is available free at Clin Cancer Res ****************************************************MD ウイークスブラッドフォードによって 2015 年 12 月 21 日に掲示される |0 件のコメントウイークス博士コメント:ブドウ種子抽出物によるひと白血病細胞のアポトーシスの誘導の下抽象化この記事はまだ非... 詳細を見る

コエンザイムQ10+セレンによる高齢者の心臓病死亡率低下効果 

コエンザイムQ10の働きは抗酸化作用、ミトコンドリア機能の向上である。癌細胞ではミトコンドリア機能の低下とともにがん細胞のアポトーシス機能が低下する。そのためにコエンザイムやαリポ酸が使われる。また、ATP産生作用が低下するために細胞のエネルギー不足が生じ、酸化や炎症からの回復が遅れてしまう。線維筋痛症の患者さんにも有効なのはそのためである。****************************************************今月の科学誌プロスワンに、コエンザイムQ10+セレンサプリメントによる高齢者の死亡率への影響を検証した臨床研究が、北欧のグループから報告されていました。 (PLoS One. 2015 Dec 1;10(12):e0141641.) コエンザイムQ10は、抗酸化作用やATP産生作用を有する機能性成分で、体内でも産生されます。 しかし、加齢とともに内在性コエンザイムQ10は減少し、生活習慣病や慢性疾患でも低下がみられることから、アンチエイジング分野で広く摂取が推奨されているベーシックサプリメントです。 セレンは、抗酸化作用を有する必須ミネラルの1種... 詳細を見る

先端医療的がん治療

初期のがん、治療すべきか―議論促す日米の研究結果

 がん治療について新たな意見、考え方が出てきた。早期がんがどの程度の速さで進行するかは統計的にしかわかっていない。統計的にいって比較的進行の遅いがんに対しては、経過観察をしながら食事療法や精神療法をすればいいと思う。食事療法ががんに効くことも分かっているし、精神療法も同様に効果的である。これらの治療法は何よりも経済的にも肉体的にも負担が少ない。そして両方とも本当の意味でがん体質を治療してくれる。がん治療は最終的には体質の改善だ。健康的な食事と健康的な思考方法のマスターである。これらがあれば遺伝子レベルからがん体質を脱却してゆくことができる。そしてその程度を数値的に変えてゆくこともできるのだ。ぜひ正しい食事療法と精神療法を身に着けてほしい。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00009741-wsj-int初期のがん、治療すべきか―議論促す日米の研究結果ウォール・ストリート・ジャーナル 10月21日(水)15時7分配信がんを治療すべきか、すべきでないかについて、議論が白熱しつつある。  ごく小さな甲状腺がんにさえ積極的な治療を施す状況が... 詳細を見る

先端医療的がん治療

卵巣がんの新薬

 免疫反応のブレーキを解除してがん細胞を攻撃すると言う事です。現在がんの研究で最も問題は関連遺伝子異常が4万か所ほどあることのようです。つまり完全なイタチごっこであり、薬を作っても作っても効かなくなるのです。これを完全に治すのは不可能です。しかし、何もしないわけにもいかないしともかくわかる範囲で薬を作ろうという流れです。*********************http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00010004-yomidr-hlth卵巣がん新薬、患者1割の腫瘍消失読売新聞(ヨミドクター) 9月9日(水)14時30分配信    免疫を再活性化するタイプの新しいがん治療薬の投与により、卵巣がん患者の一部で腫瘍を消失させる効果を臨床試験(治験)で確認したと、京都大の浜西潤三助教(婦人科腫瘍学)らのグループが発表した。  この治療薬は小野薬品工業が昨年9月に発売したニボルマブ(商品名オプジーボ)。免疫反応のブレーキを解除してがん細胞を攻撃するよう体内で働き、腫瘍を縮小させる。皮膚がんの一種である悪性黒色腫の治療薬として承認された。現在、肺が... 詳細を見る