薬としてのコーヒー

ウイークスのブログからコーヒーが体にいいことは周知だが、さらに果物の種と一緒に食すると死亡率低下のメリットがあると言うお話だ。なるだけ無農薬で有機栽培のコーヒーを摂取することが大切だ。 ***********************http://weeksmd.com/2016/04/coffee-as-medicine-2/薬としてのコーヒーブラッドフォード米週間、MD 2016 年 4 月 14 日に投稿 |0 件のコメント 博士週間コメント: コーヒーを示されている-真剣-節約生活をするそれはすべての原因による死亡率を低減します。抗炎症の種を注入、コーヒーを得る: ブラック クミン種子、グレープ シード、グレープ フルーツ シードとして、強力な免疫刺激霊芝 (赤霊芝) キノコ。世界で最も健康的なコーヒーを購入する.融合してはここをクリックして.  コーヒーはどのように有益なのですか。コーヒーを飲むのもう一つのおまけ2015 年 8 月 31 日 |21,129 ビュー博士 Mercola による約 60% のアメリカ人は、コーヒーを飲んで、多くの習慣... 詳細を見る

先端医療的がん治療

炎症と癌幹細胞

  ウイークスのブログから引用します。体内での炎症反応が癌の幹細胞を活性化する経路についての論文です。この論文によるとNFκBは細胞内の転写因子として働くたんぱく質で、ストレスやサイトカイン、紫外線の影響で活性化されます。そして、炎症や免疫反応の調整機能です。このNFκBは発がんにおいて細胞の生存を促進する遺伝子の転写を調整し細胞増殖、アポトーシスの阻害、浸潤、転移を促進します。これは炎症を契機に起こることが多いので、炎症を抑制する天然のものと言えば植物の種になります。ここでは植物の種の炎症抑制メカニズムは述べられていません。http://weeksmd.com/2016/04/inflammation-and-cancer-stem-cells/ 炎症と癌幹細胞ブラッドフォード米週間、MD 2016 年 4 月 6 日に投稿 |0 件のコメント 博士週間コメント: 今日出版される細胞でこのレビューについて説明します、致死がんの幹細胞とどのように抗炎症剤癌のこの根本的に有毒なドライバーに対処に不可欠です。問題は最も抗炎症剤が危険な...、一般的な副作用は、出血性潰瘍、肝臓や腎... 詳細を見る

夜間の簡単な絶食だけでも癌細胞にはダメージを与える。

 再発リスクを低下するだけでなく、癌細胞自体を死滅する働きもあるのだ。毎晩13時間以上の断食で再発リスクが下がるのだから、朝ご飯を抜いて昼間で我慢するといいだろう。朝ご飯を食べないと頭が働かないなどという人もいるが、食品業者の回し者である。人間の体は多少の絶食はものともしない力強さを持っている。ただし、食い意地の張った人には無理な治療法かもしれない。*******************************http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000021-jij_afp-int夜間の長時間絶食、乳がんの再発リスクを下げる可能性 米研究AFP=時事 4月1日(金)12時43分配信  フランス北西部オルヌ県で撮影されたマンモグラフィー検査の様子(2001年5月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】初期の乳がんと診断された女性は、毎晩13時間以上食事を控えれば、腫瘍が再発するリスクを下げられる可能性があるとする研究論文を米大学の研究者らが3月31日、発表した。 「アスピリンでがんリスク低... 詳細を見る

サプリメント療法

納豆の抗がん作用で癌細胞死

納豆の抗がん作用で癌細胞死 納豆や大豆製品が癌細胞を死滅することは以前から多くの文献がある。今回はそのメカニズムについて工学的な電荷の性質を利用していることが明らかになった。天然の大豆製品が癌の予防効果や治療効果があることのメカニズムが徐々に解明されている。 ***************************************http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00010000-newswitch-sctch納豆に抗がん作用。抗菌ペプチドで24時間内に細胞死滅ニュースイッチ 3月31日(木)7時30分配信ツイート シェアする  抗がん剤の開発が最終的な目標に 秋田大が確認。まずは抗菌スプレーやマスクなどの開発につなげる秋田大学大学院理工学研究科の伊藤英晃教授らは、納豆に含まれる成分から抗がん作用がある物質を発見した。納豆をすりつぶして取り出した成分から抗菌作用のあるアミノ酸の塊(抗菌ペプチド)を抽出。ヒトやマウス由来のがん細胞に抗菌ペプチドを投与したところ、24時間以内にがん細胞が死滅することを確認した。  同抗菌ペプチドはが... 詳細を見る

先端医療的がん治療

BNCTによるがん治療

 中性子を使って癌を死滅させる治療です。未来的な治療ですね。本来は小さな原子炉がないと発生しない中性子を加速器を使う事で発生させる技術だそうです。これなら最低限の副作用でできるものだと思います。***************************http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160311-00010003-yomidr-sctchがん細胞だけ狙い撃ち…放射線治療の新医療機器完成読売新聞(ヨミドクター) 3月11日(金)12時11分配信 ツイート  BNCT治療を行う放射線治療装置(国立がん研究センター中央病院で) がん細胞だけを狙い撃ちする放射線治療「ホウ素中性子捕捉療法」(BNCT)を行う新開発の医療機器が国立がん研究センター中央病院(東京)内に完成し、報道陣に公開された。 腫瘍マーカーの意味、誤解していませんか?  実用化に向け、来年度末から悪性黒色腫(メラノーマ)などの臨床試験(治験)を始める方針。BNCTは、がんに集まるホウ素の薬剤を患者に点滴した後、中性子線を照射。腫瘍の中のホウ素との間で核反応が起きた際に出る放... 詳細を見る