統合 医療

緑茶の勧め

カテキンとテアニンが神経膠腫のリスクを減らすことがわかっている。緑茶の成分はいろんな疾患に効果がると言える。高血圧改善、メタボリックシンドロームのリスク低下、酸化ストレスの低下、高齢者の認知機能の低下、運動時の抗酸化作用、抗うつ作用、大腸腺腫のリスク低下作用があります。暑き時も寒いときも、毎日緑茶を飲むことは良い習慣だと思う。私も毎日飲んでいます。********************* 神経膠腫(グリオーマ)リスクとお茶・コーヒーの摂取 [2019年07月16日(火)]  今月のがん研究の専門ジャーナル(電子版)に、お茶およびコーヒーの摂取と、神経膠腫(グリオーマ)リスクとの関連を検証した疫学研究が、米国のグループ(Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School)から報告されていました。(Int J Cancer. 2019 Jul 15.) http://www.dhcblog.com/kamohara/category_12/これまでの疫学研究によって、コーヒーの摂取による生活習慣病リスクの低下が知られています。 ... 詳細を見る

統合 医療

野菜を取れば血圧のリスクが低い

野菜を取れば血圧のリスクが低い 野菜でもとくにカロチノイドを摂取すれば高血圧になるリスクが低いことがわかっています。前立腺がんのリスクも低いし、すい臓がんリスクも低いことがわかっています。また、心血管リスクも低く、肺がんリスクも低い、そして骨折が少ないことも分かっています。一番いいのは食事で野菜から直接摂取することですが、それが難しい場合にはカロチノイドの入ったサプリメントを摂取するようにしましょう。 ****************************************** カロテノイド類の摂取が多いと高血圧リスクが低い:米国全国調査NHNES2007-2014 [2019年08月07日(水)]  高血圧研究の専門ジャーナル(電子版)に、米国において、カロテノイド類の摂取と、高血圧リスクとの関連を調べた疫学研究が報告されていました。(J Hypertens. 2019 Jul 26.) http://www.dhcblog.com/kamohara/野菜などに含まれるカロテノイド類には、抗酸化作用や抗炎症作用があり、生活習慣病の予防効果が示されています。 例えば、ルテインで... 詳細を見る

統合 医療

アレルギーと油

アレルギーと油 以前から栄養療法ではオメガ3油がアレルギーの予防やがんの予防に効果があるという論文が多い。薬でアレルギーを抑え込むのも医者の仕事だと思うけれども、アレルギーの根本の原因がオメガ6油の過剰摂取にある事も分かっているのだから食事のとり方にも注意をするように患者さんにお教えることも大切である。いつの間にか医者は薬屋さんのセールスマンになっている。薬を出す事しかしない医者はいずれロボットやコンピューターに取って代わられると思う。医療が製薬メーカー主導の薬漬けになっているという批判も実は正しいと思う。  1日スプーン1杯の「アマニ油」でアレルギー予防の可能性7/3(水) 16:56配信 夕刊フジ【食と健康 ホントの話】 ひと昔前までは、ダイエット・健康の敵と考えられてきた食用油。現在では、体内で作られない必須脂肪酸(オメガ3・オメガ6脂肪酸)を意識してバランス良く摂ることが推奨されている。 とくに良いと言われるのが、オメガ3系脂肪酸。魚の油に多く含まれるEPAやDHA、そして、亜麻仁油やエゴマ油に多く含まれるα(アルファ)リノレン酸だ。 オメガ3脂肪酸の健康効果については、悪玉コ... 詳細を見る

統合 医療

患者の自殺は、残された人たちの心を壊す

患者の自殺は、残された人たちの心を壊す6/3(日) 13:02配信 患者さんの死は我々医療者にも大きな影響をします。心の中に傷として、あるいはあたたかな思い出として、あるいは若干の苦しさを伴って残ることが多々あります。人間の死は医療に限らず誰しもが人生最後の日には経験します。そして、医療者であれば人の生き死ににかかわって生活します。科学では割り切れない、科学や医学では心の問題は解決できないと日々感じています。******************* (この話に登場する人物にモデルはいますが、仮名を使うなどご本人とわからないように詳細は変えて書いています) 「きゃー」 ある日の午後、いつも静寂で包まれているホスピスの病室から、二人の叫び声が聞こえました。廊下には明るい日差しが差し込み、いつも通り明るくそして変わらない風景でした。丁度私も病棟にいたので、直ぐに声の聞こえた病室に駆けつけました。 一目で何が起きているかを理解しました。そして、「ああ、自分もついにこの体験をする日が来たのだ」と悟りました。 その部屋に2週間前から入院していたケンさんは、興奮した口調で、「自分で病気を治すために、自... 詳細を見る

統合 医療

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告

 「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告4/13(金) 7:41配信 ナショナル ジオグラフィック日本版 発汗して健康になるというのは夢ある解決法です。健康な人が健康を楽しみながらサウナや遠赤外線サウナを楽しむことは罪のないことですが、それによって高血圧が治るとか糖尿病が治るとか、ましてやがんが治るとかの誇大広告を信じるとすればそれは罪作りなことです。複雑な要因が重なり合って起こる疾患は、複雑な手順を持ってしか治ることはありません。がんの治療なら、まずはがん細胞(がん娘細胞)を徹底的に駆逐し、その後がん幹細胞を減らす手順を間違えていて成功はおぼつきません。それ以外にもがん細胞の作る様々なサイトカインの働きをいちいち分析して必要があればその働きを阻害することが必須となります。たとえば、薬剤耐性の問題とか血管新生、上皮増殖因子の問題とかです。その一つ一つが遺伝子の働きによって起きており、その特定の遺伝子の働きを阻害する薬剤が患者さんにとって効果があるかどうかで治療の成功が決まります。そのサイトカインのなかで単にHSP熱ショックたんぱくの働きだけを取り上げて、それですべての癌がなおる... 詳細を見る