サプリメント療法, 未分類

ALSとメコバラミンというビタミン剤

ALS抑制薬、徳島大が治験開始…21年の製造販売承認目指す ALSに関するこのメコバラミンの効果については製薬会社からは申請が取り下げられているという事実がある。ひょっとするともともと利益の薄いビタミン剤であるからビジネス的においしくないと判断があったのかもしれない。もとより特許もないからである。 11/8(水) 13:52配信読売新聞(ヨミドクター)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00050027-yomidr-sctch 徳島大学は7日、全身の筋肉が衰えて呼吸などが難しくなる難病「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症」(ALS)の患者に、手足のしびれの治療などに使われる薬「メコバラミン」を投与する臨床試験(治験)を開始した、と発表した。 病気の進行が抑制できるか確認する。2021年初頭の製造販売承認を目指す。 全国19医療機関で、発症1年以内の患者128人を集め、本物の薬と偽薬の2グループに分けて16週間にわたり、週2回の筋肉注射を行い、経過をみる。 メコバラミンでは、06年から7年半にわたり、患者370人が参加した治験が行われ、6... 詳細を見る

統合 医療, 未分類

タトウーと疾患

タトゥー顔料、体内深く浸透する恐れ 研究 最近は患者さんでもタトウーを入れている方が散見されるようになった。アメリカでは日本以上にタトウーを入れている人が多いらしい。しかし、医学的に言うと体内に顔料入れるのだからその顔料が引き起こす疾患についつい興味がいく。ニュースでも書いているが、基本的にはこれらの顔料は金属である。と言う事は金属特有の害もあるわけで、それはイオンとなって細胞に影響をあたえるのだ。研究が進んでいけばもっとわかるだろうか、皮膚がんはその他の神経疾患などが起こりそうにも感じる。この報道では免疫機能の低下が考えられるというし、タトウーを入れる際に感染症にかかるリスクが最も高いようだ。*******************************https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000008-jij_afp-intタトゥー顔料、体内深く浸透する恐れ 研究 タトゥーイベントの会場に展示される図柄のサンプル写真(2017年5月12日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News  【AFP=時事】タトゥーに使われるイ... 詳細を見る

未分類

プロレスラーの「頚髄完全損傷」

プロレスラー高山善廣、首から下が全く動かない「頚髄完全損傷」 プロレスラーの頚髄損傷事故のニュースが出ていた。頚髄損傷の病態をほとんどの人は知らないと思う。ネット上で調べてもらえばわかるが完全損傷となるとほぼ社会復帰は無理だろう。社会復帰どころか命の危険性もある重症である。学生時代にラグビーの試合で頚髄損傷をおこした場面のビデオを見せられたことがある。頭から地面に突っ込んでいった選手の首があらぬ方向に曲がった。その後全身がけいれんしぴくぴくと波打ったのを覚えている。それ以降患者は歩くことも車いすさえ乗れなくなった。頚髄が完全損傷すると首以下の筋肉が全く動かないから車いすにさえ乗れない。体幹がフニャフニャするから姿勢が保てないのだ。そしてウンコもオシッコも垂れ流しになる。2年ほど前に僕のところで通院していた患者が自転車で走行中に誰かがイタズラで張ったハリガネワイヤーに首をひっかけ転倒した。頚髄の完全損傷を起こし、寝たきりになった。自発呼吸ができず気管切開にて管を入れたままになった。そのためしゃべることもできず2年で亡くなった。頚髄損傷は重症である。しかし、今回の高山選手の受傷機転を調べる... 詳細を見る

抗加齢, 未分類

飲酒は寿命を延ばすか?縮めるか?~②

適量のアルコールで寿命は延びない?飲酒の健康効果に疑問を呈する研究結果 ***************************************** http://www.qlifepro.com/news/20160404/research-results-to-question-the-health-effects-of-drinking.html 「酒は百薬の長」を否定する解析結果 ―適度の飲酒でも寿命延びず?これまでの研究では飲酒のさまざまな健康効果が示唆されてきたが、今回、適量(moderate)のアルコールが寿命を延ばすという見解に疑問を呈する研究結果が新たに示された。 オーストラリア国立薬物研究所のTanya Chikritzhs氏らによると、87件の研究をレビューした結果、全く飲酒をしない人に比べて、適量の飲酒をする人に生存期間の面で利益は認められなかったという。一方、この結果に対して米ボストン大学医学部教授のR. Curtis Ellison氏は、「科学的データからは、少量から中等量の定期的な飲酒が中高年の健康的なライフスタイルと矛盾しないことが支持さ... 詳細を見る

抗加齢, 未分類

飲酒は寿命を延ばすか?縮めるか?

飲酒が寿命を縮めることはあっても延長することはないらしい。確かに私の父親は78歳になるが、外見も若々しく健康だ。若いころから喘息もちで発作をしばしば起こしていたし今現在でも最低限の薬は服用している。もう40歳ごろから糖尿病だが、幸い透析が必要なほど悪化もせずこれも最低限の薬の服用でコントロールされている。タバコももう20年前にはやめているし、酒は一切晩酌などしない。飲めないタイプなのだ。それでも付き合いで飲むことがあるようだがそれも週末程度のものだ。深酒はしていない。食事には気を使っていて、本人の食事の趣味趣向もあるが魚ばかり食べている。母親が田舎料理ばかり作るので楽しみがないとぼやいているがそれも健康的でいいのだろう。野菜とか味噌汁とかばかり食べているようだ。さて、飲酒が寿命の延長に寄与しているかどうかだが、ほとんどすべての酒好きの人は害悪になっているだけだろうと思う。酒の量と寿命の関係は諸説あるが、どうやら全く飲まない人と、本当の適量(1日アルコール12g=ビール360ml)程度のひとが長寿らしい。本当の適量で酒量がすむ人は少ないのではないだろうか?ならば一切飲まないと決めているほ... 詳細を見る