先端医療的がん治療

ナノ粒子でがん細胞破壊 京大などのグループが新手法開発

ナノ粒子でがん細胞破壊 京大などのグループが新手法開発 10/1(火) 0:20配信 京都新聞 がん細胞の細胞核近くに取り込まれる性質の物質を発見することががん治療では有効である。古くは糖質が癌細胞に特に取り込まれることでPET検査ができるようになった。同様に糖質をより取り込ませるためにIPT治療が開発された。今ではハイテクで粒子を取り込ませて破壊する治療がいろいろと出てきた。楽天も赤外線での治療法を開発しているし、ほかにも同様の治療法が存在する。安価で広く使える方法が出てきてほしい。*******************************多くの微細な穴があるナノ粒子と特殊なエックス線とを使ってがん細胞を破壊する手法を開発したと、京都大などのグループが発表した。新たな放射線がん治療への応用につながる成果といい、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に30日、掲載された。 通常の放射線治療で使われるエックス線は、がんの患部に届く前に一部が人体の細胞に吸収され、正常な細胞に悪影響を及ぼしたり、がん細胞を破壊するエネルギーが減ったりするなど課題がある。 京大物質|細胞統合... 詳細を見る

尿1滴でがん検査、「線虫」利用した方法が来年実用化

尿1滴でがん検査、「線虫」利用した方法が来年実用化 10/1(火) 19:30配信 90%近い精度で癌の早期発見ができるこの検査、線虫にまかせるという方法がいかにものんびりしていて、遺伝子検査で癌を見つけるベンチャーの方法とは真逆であることがとても面白い。実際に低価格で速く、確実に診断が付けられる方法が生き残ってゆくだろう。実用的には何癌であるかもわかることが大切だと思われる。********************************https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-12426968-kbcv-l40 日本人の死因1位のがん。その判定に「線虫」という小さな生物を利用した検査が、まもなく実用化されます。がん検診のハードルが下がると期待が高まっています。 検査に使うのは尿1滴だけ。九州大学の元助教が率いる企業が開発した検査方法は、「線虫」ががん患者の尿に集まる性質を利用したものです。現時点で大腸や胃などにできた15種類のがんをステージ0や1といった早い段階で見つけることができるとされます。検知率が90%に迫る高い精度であることや、... 詳細を見る

タバコとがん、がん治療と日常生活

周囲のたばこ、78%「不快」=がん治療と仕事、6割弱が両立不可能-内閣府初調査 内閣府の世論調査ではタバコに対する嫌悪感が存分に表れていた。確かに副流煙も気になるし、歩きたばこも気になる。そもそも昔のようにタバコを吸う人も減っているのでこの流れは止まらないだろう。昔は映画の中でも探偵役や男のハードボイルドな主役級の男性はたいていタバコを吸っていた。タバコの喫煙率は年々低下しているのに肺がんは増え続けている。だからタバコが肺がんの原因だとは言えない。しかし癌全体がいろんな原因で起きていて、タバコもその原因の一つであることも間違いはない。またこの報道では、がん治療が日常生活と両立しにくいと国民が考えている事が示唆されている。確かに入院、手術、抗がん剤治療などなどがん治療は大変であることは間違いがない。なるだけがんの発生因子を避けて暮らしたいものだ。****************************https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000120-jij-pol9/27(金) 17:15配信内閣府は27日、たばことがん対策に関する... 詳細を見る

天然自然抗がん物質療法

ニンニクと健康効果~胃がんについて

ニンニクと健康効果先日、オリーブオイルとアーモンドで遺伝子が変わる話を書きました。NHKの特集だったのですが、今までも地中海料理は長寿の食事として注目されていましたが、科学的に遺伝子が変化することが分かったのでした。通常、食事が健康に与える影響は、統計データで説明されます。この食品を食べている人と食べていない人では10年後に疾患の発生率がこれだけ違っているとかです。しかし、今回の遺伝子の研究は違っていました。ある食品を食べる前と半年間食べた後ではどのくらい遺伝子に変化があったのかが調べられたのです。結果は素晴らしいものでした。食事の摂取によって遺伝子に変化が認められたのです。今回のニンニクも同様に近い将来、遺伝子の変化がある事が判明するでしょう。ニンニクに限らず、いろんな食品が人間の遺伝子を変えてゆきます。それは食品だけではありません、心のもちようや瞑想修行などの宗教的哲学的な思考の変容、呼吸法によっても遺伝子は変化するのです。これをエピジェネテイックスと言います。ニンニクが良いとわかっていても毎日食事でとれない人はサプリメントを考えてみてもいいと思います。 *************... 詳細を見る

天然自然抗がん物質療法

オリーブオイルによる膀胱がんリスクの低下

 先日NHKの番組で、遺伝子のスイッチについて解説していた。その実験はオリーブオイルとアーモンドの摂取を6か月続けることでがん抑制遺伝子のスイッチが入るという実験だった。がん遺伝子は200程度の数があるのだが、そのうち100個以上のがん遺伝子が癌抑制方向に変化したという説明だった。癌治療の現場では、ステージがⅣになるとなかなか治療効果が出ないことが多く、免疫療法や高濃度ビタミンC点滴を行っても著名な改善はないことが多い。最近ではPD-1阻害薬であるオブジーボやキートルーダの発売によって、免疫の状態を改善できる治療法が出てきている。この働きを何とか食事で作れないものかと思う。食事のとり方で遺伝子が変わり、まるでPD-1阻害薬と同じように免疫細胞ががん細胞を攻撃できるようになればこれほどいいことはない。番組の中では食事にオリーブオイルとアーモンドを加えて、半年で遺伝子の変化が出ていた。食事に普段から注意することは癌の予防にも効果がある事は確かに証明されている。一歩進んで、がん治療にも食事の変化が利用できればいいなと思う。そして、患者さんも食事に関する良い情報を知り、毎日の食事の実... 詳細を見る