天然自然抗がん物質療法

ファイトケミカルとビタミンEによる抗がん作用

植物性のファイトケミカルは癌治療によく使用されるが、ビタミンEとの組み合わせが良いらしい。とういんでは患者さんにショウガとニンニクを毎日食べるようにお勧めしているが、ビタミンの働きも無視はできない。*********************************植物由来の天然の化合物は、最高の抗がん剤を作る.これらの生理活性化学物質は、がん細胞の増殖と増殖を止めるのに有効であるだけでなく、副作用が非常に少ない場合もあります。対照的に、化学療法に使用される合成薬物は、疲労、口の痛み、食欲不振、痛み、胃の問題および脱毛など、様々な不快な副作用を引き起こす。最近の研究では、マレーシアの研究者は、植物に見られるビタミンEの一種であるy-tocotrienolとショウガの活性成分である6-ジンゲロールの抗癌活性を調査した。以前の研究によると、トコトリエノールは、乳房、肺、卵巣、前立腺、肝臓、脳、結腸および膵臓のものを含む様々な悪性腫瘍の成長を阻害することができる。一方、6-ジンゲロールは、腎、結腸および黒色腫腫瘍に対する抗腫瘍活動を有する。研究者は、治療として一緒に使用する場合、これらの抗癌剤... 詳細を見る

先端医療的がん治療

食品の発がん性物質

おいしい物には気を付けよう。ポテトチップスとかポテトフライは皆が大好きな食品である。 ***********************************食品の発がん性物質「アクリルアミド」摂取抑えるには8/30(日) 9:30配信1487 =Getty Images ジャガイモなどの野菜やコメなどの穀類を高温で調理すると発がん性物質の「アクリルアミド」が発生します。健康へのリスクは意外に高いため、できる限り摂取を抑える工夫が必要です。食生活ジャーナリストの会代表、小島正美さんのリポートです。【毎日新聞経済プレミア】  ◇焼き菓子やコーヒーにも  アクリルアミドの発がん性が大きな話題となったのは2002年のことだ。アクリルアミドはもともと、トンネル工事の水漏れ防止など工業用に使われる化学物質として知られていたが、スウェーデン政府が、ジャガイモのスナック菓子など広く親しまれている食品から高濃度で検出されることを公表し、世界に衝撃を与えた。  これを受けて、日本の農林水産省などが調べたところ、ポテトチップス、フライドポテトなどジャガイモを使った菓子のほか、クラッカー、クッ... 詳細を見る

先端医療的がん治療

癌の死亡者数が増えているのか?

人口動態により年齢別では患者数が減っているという話データがいかに大切かである。しかしこのデータに信頼がないと話が全てうそになるので要注意である*********************************なぜ、日本のがん死亡者数はどんどん増えているのか?大須賀覚 | がん研究者8/31(月) 6:48 ツイート シェア ブックマーク「がんで亡くなる人が増えている」と聞いたことがないでしょうか?たしかに、周囲でがんで亡くなる人は増えたなと、実感している方もいるかもしれません。ただ同時に「がん治療はすごく進歩していて、最近ではがんになっても亡くなることが減った」と言う話も聞いたことがないでしょうか?これは矛盾する話のようにも聞こえます。日本のがん治療は本当に進歩しているのでしょうか?なぜ、がんで亡くなる人は増えているのでしょうか?今の日本で何が起こっているのか、最新データを使って、丁寧に解説していきたいと思います。がん死亡者数はたしかに増えているまず、日本での実際のデータを見て、死亡数はどうなっているのか検証してみます。これは日本のがん死亡者数の推移を表したデータです。このデータ... 詳細を見る

先端医療的がん治療

糖尿病によるがん発症リスク 解明 

糖尿病によるがん発症リスク ハエで仕組み解明 京大発がんのメカニズムの解明に科学がメスを入れている。以前から糖尿病の方はガンになりやすいということは統計的にわかっていた。以前見た統計では約30%以上多くなるとあった。今回の論文では、糖尿病があると高インスリン状態が続き、細胞の競合が行われなくなり、正常な人の2倍ガン化することが示された。そして、メトホルミンという物質が細胞競合を起こしがんの発生を抑制することが示されている。メトホルミン塩酸塩は血糖低下薬であるが、その機序として、AMPキナーゼの活性化を介してグルコーストランスポーター4を細胞膜へ移動させる作用や、肝臓や骨格筋細胞で脂肪酸の燃焼を促進して細胞内脂肪酸濃度を下げる作用など、インスリン受容体以降のシグナル伝達の促進が考えられている。やはり肥満や糖尿病は食生活で避けることができる病態であることから自制的な生活が大切であることが示されたといえる。高血糖気味の人は早めに糖尿病の診断を受けメトホルミンで治療することが大切かもしれない。********************https://headlines.yahoo.co.jp/h... 詳細を見る

先端医療的がん治療

遺伝子治療が増えてきている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000018-nkgendai-hlth遺伝子治療薬を使った「CAR-T療法」はダブルで画期的【遺伝子治療薬はここまで来ている】1/29(水) 9:26配信(日刊ゲンダイ) 【遺伝子治療薬はここまで来ている】#13難治性の白血病に対する遺伝子治療薬「キムリア」(一般名:チサゲンレクルユーセル)についてもう少し詳しくお話しします。キムリアは、他の遺伝子治療薬とはまったく別物で、「自分の細胞」が「薬」になります。まず採血して、血液からT細胞(白血球成分)を採取します。そのT細胞を凍結保存してアメリカの製造施設まで送った後、細胞にウイルスを使って「CD19特異的キメラ抗原受容体(CAR)」を導入します。このようにして遺伝子改変を行ったT細胞は「CAR―T細胞(カーティー細胞)」と呼ばれていることから、この細胞を用いる治療をCAR―T療法といいます。血液のがんである白血病の一部に対して行われます。CAR―T療法は免疫療法で、「遺伝子改変によって免疫力を高めた自分の血液でがん細胞を攻撃する治療法」です。T... 詳細を見る