先端医療的がん治療

糖尿病によるがん発症リスク 解明 

糖尿病によるがん発症リスク ハエで仕組み解明 京大発がんのメカニズムの解明に科学がメスを入れている。以前から糖尿病の方はガンになりやすいということは統計的にわかっていた。以前見た統計では約30%以上多くなるとあった。今回の論文では、糖尿病があると高インスリン状態が続き、細胞の競合が行われなくなり、正常な人の2倍ガン化することが示された。そして、メトホルミンという物質が細胞競合を起こしがんの発生を抑制することが示されている。メトホルミン塩酸塩は血糖低下薬であるが、その機序として、AMPキナーゼの活性化を介してグルコーストランスポーター4を細胞膜へ移動させる作用や、肝臓や骨格筋細胞で脂肪酸の燃焼を促進して細胞内脂肪酸濃度を下げる作用など、インスリン受容体以降のシグナル伝達の促進が考えられている。やはり肥満や糖尿病は食生活で避けることができる病態であることから自制的な生活が大切であることが示されたといえる。高血糖気味の人は早めに糖尿病の診断を受けメトホルミンで治療することが大切かもしれない。********************https://headlines.yahoo.co.jp/h... 詳細を見る

先端医療的がん治療

遺伝子治療が増えてきている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000018-nkgendai-hlth遺伝子治療薬を使った「CAR-T療法」はダブルで画期的【遺伝子治療薬はここまで来ている】1/29(水) 9:26配信(日刊ゲンダイ) 【遺伝子治療薬はここまで来ている】#13難治性の白血病に対する遺伝子治療薬「キムリア」(一般名:チサゲンレクルユーセル)についてもう少し詳しくお話しします。キムリアは、他の遺伝子治療薬とはまったく別物で、「自分の細胞」が「薬」になります。まず採血して、血液からT細胞(白血球成分)を採取します。そのT細胞を凍結保存してアメリカの製造施設まで送った後、細胞にウイルスを使って「CD19特異的キメラ抗原受容体(CAR)」を導入します。このようにして遺伝子改変を行ったT細胞は「CAR―T細胞(カーティー細胞)」と呼ばれていることから、この細胞を用いる治療をCAR―T療法といいます。血液のがんである白血病の一部に対して行われます。CAR―T療法は免疫療法で、「遺伝子改変によって免疫力を高めた自分の血液でがん細胞を攻撃する治療法」です。T... 詳細を見る

先端医療的がん治療

大腸がんと検診

大腸がんの兆候は比較的わかりやすいと言われている。それには検診を受けることお勧めする***********************https://medical.jiji.com/topics/8712017年のがん罹患(りかん)数予測でトップの大腸がん。初期は自覚症状が乏しく見逃しやすい。聖マリアンナ医科大学(川崎市)臨床腫瘍学の砂川優准教授は「大腸がんを早期発見するには、便通の変化などの初期症状に気付くことと、検査を受けることが大切です」と強調する。40代になったら年に1度は検診 ▽腰痛の原因にも日本に大腸がんが多いのは、食生活の欧米化に加え、高齢化も影響していると考えられている。砂川准教授は「大腸がんは早い段階で治療をすれば、90%以上の確率で治ります」と早期発見の重要性を訴える。大腸がんの典型的な症状は血便だ。痔(じ)による出血は真っ赤な血が混じる場合が多いが、大腸がんでは黒っぽく見える。便が細切れになる、便の表面にゼリー状の粘液が付く、便秘と下痢を繰り返す、残便感、下血といった症状が見られることもある。便が大腸を通る際、がんそのものや狭くなった腸管が圧迫され、腰からお尻にかけ... 詳細を見る

先端医療的がん治療

卵巣癌は検診が難しい

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00010004-jij-sctch大変化、卵巣がんの知見  WHO、国内も指針見直し1/26(日) 16:50配信 「卵巣がん」は卵子を蓄え、エストロゲンなどの女性ホルモンを分泌する卵巣と卵子を子宮に送るための卵管をひとくくりにした一つのがんと考えられてきた。しかし近年、卵巣自体と卵管にできるがんの発病のメカニズムや病気の広がり方などが病理的に大きく異なることが明らかになり、世界保健機関(WHO)などの組織分類も変化している。国内でも卵巣がんは「卵巣腫瘍」「卵管がん」「原発性腹膜がん」という3種のがんの総称と位置付けられるようになり、診療の現場で活用されている「取り扱い規約」や診療ガイドラインの見直しと改訂の動きが進んでいる。 卵巣と卵管=国立がん研究センターがん情報サービスより  ◇卵巣がんは多様 狭義の卵巣腫瘍でも、発生の過程やがん化につながる遺伝子の変異によって大きな違いがある。「卵巣にできるがんは多様で、違いが大き過ぎる。一つの疾患ではなく、卵巣という同一の臓器に生じるが異なる形や性質の病... 詳細を見る

先端医療的がん治療

がん治療に液体のりが効く

液体のり」放射線治療でも期待の星 がん細胞ほぼ消失1/23(木) 4:00配信ポリビニルアルコールが主成分の液体のり  がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが発見し、23日発表した。薬剤が理科の実験でつくったスライムのようになり、がん細胞にとどまりやすくなるらしい。マウスの実験では大腸がんがほぼ消失したという。この放射線治療は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)。国内10カ所弱の施設で臨床試験が進んでいる。ホウ素化合物の薬剤を注射してがん細胞に取り込ませておき、外から中性子を照射して破壊する。正常な細胞へのダメージが少ないことから、次世代の放射線治療として期待されている。しかし、ホウ素化合物ががん細胞から流出しやすいのが課題だった。チームは、ホウ素化合物に液体のりの成分であるポリビニルアルコール(PVA)を混ぜると、スライムをつくるのと同じ原理で分子が長くなることを応用。がん細胞が薬剤を取り込みやすい形にした。その結果、がん細胞の中に入るホウ素化合物の量は約3倍に。とどま... 詳細を見る