サプリメント療法, 未分類

ALSとメコバラミンというビタミン剤

ALS抑制薬、徳島大が治験開始…21年の製造販売承認目指す ALSに関するこのメコバラミンの効果については製薬会社からは申請が取り下げられているという事実がある。ひょっとするともともと利益の薄いビタミン剤であるからビジネス的においしくないと判断があったのかもしれない。もとより特許もないからである。 11/8(水) 13:52配信読売新聞(ヨミドクター)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00050027-yomidr-sctch 徳島大学は7日、全身の筋肉が衰えて呼吸などが難しくなる難病「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症」(ALS)の患者に、手足のしびれの治療などに使われる薬「メコバラミン」を投与する臨床試験(治験)を開始した、と発表した。 病気の進行が抑制できるか確認する。2021年初頭の製造販売承認を目指す。 全国19医療機関で、発症1年以内の患者128人を集め、本物の薬と偽薬の2グループに分けて16週間にわたり、週2回の筋肉注射を行い、経過をみる。 メコバラミンでは、06年から7年半にわたり、患者370人が参加した治験が行われ、6... 詳細を見る

先端医療的がん治療

がんの代替医療と標準療法

がんの代替医療と標準療法10/3(火) 12:02配信 BuzzFeed Japan 癌の統合医療を行っているものからすると、代替医療も考え物である。多くは医師以外の素人の人達が推奨するものだと思う。医師なら標準療法の偉大な効果について知らないことはなく、何等か今まで標準療法にかかわってきた人が統合医療を行っているからだ。問題は標準療法で手に負えない場合に、医者が患者を手放してしまいがん難民を作って反省しない点にある。がん難民を作らないで標準療法よりも効果は弱いが自然で体に優しい方法で治療する選択肢を提示してあげる優しさが必要なのだ。それがわかってないと、標準療法以外は効かないのに何を非科学的なことを言っているんだ、という避難めいた記事になる。または、非科学的でも本人がいいというならいいじゃないかという無責任な話になる(これは代替医療のみを推進している人々)本来は科学的エビデンスレベルが低いが、統計的には優位に効果を認める代替医療を標準療法と組み合わせるべきではないかと思っている。******************************https://headlines.yahoo... 詳細を見る

天然自然抗がん物質療法

コーヒーの摂取とがん死亡率との相関 

 コーヒーはがんの死亡率を下げると言う事である。大腸がん(結腸・直腸がん)、肝臓がん、乳がん、頭頸部がんリスク低減作用が示唆されている。コーヒーの癌に対する良い効果はいろいろな研究で明らかになっている。普段からコーヒーを飲む習慣は悪くないと言える。僕も毎日朝1杯、夕方1杯、夜1杯と楽しんでいる。*********************************http://www.dhcblog.com/kamohara/category_12/コーヒーの摂取とがん死亡率との相関 がん疫学研究の専門ジャーナル(電子版)に、コーヒーの摂取とがん死亡率との関係を調べた疫学研究が、アメリカがん協会(ACS)のグループから報告されていました。(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2017 Jul 27.)  これまでの疫学研究によって、コーヒーの摂取による生活習慣病リスクの低下が知られています。例えば、コーヒーの摂取による2型糖尿病リスク低下、脳卒中リスク低下、うつ病リスク低下、肝がんリスク低下、認知機能の低下抑制などがあります。 日本でも、次の研究が... 詳細を見る

ビタミンDと乳癌リスク

ビタミンDサプリメントが乳がんリスクを11%低減:シスター研究 ビタミンDをがんの患者さんに勧めることがよくある。コーヒーを飲むことと緑茶を飲むこともよく推薦する。がんという病気はビタミンDが治すわけではないが、リスクを下げると言う事は何らかのがんの発生を抑制する可能性が高いと考えられるからだ。癌の発生、がんの増殖に関するどこかを抑制的に働きかけていると考えられる。 ***********************************************http://www.dhcblog.com/kamohara/category_12/今月の環境医学の専門ジャーナルに、血中ビタミンD値と乳がんリスクとの関連を調べた疫学研究が、米国のグループから報告されていました。(Environ Health Perspect. 2017 Jul 6;125(7):077004.) 姉妹が乳がんの家族歴を有しているが、本人は乳がんではない女性において、(つまり、遺伝的に乳がんリスクを有していると推定されるが、乳がんには罹患していない女性)ビタミンDサプリメントの利用および血中ビタミンD値と、... 詳細を見る

天然自然抗がん物質療法

ナッツ摂取でガンの再発と死亡率が大きく低下、米研究

ナッツを食べていると癌の再発と死亡率が低いという話である。ブルーベリーやその他のベリー(葡萄種)の種にもがんの幹細胞を減らす働きがある事がわかっているが、これもその話だろう。元もとタネ類は鳥などに食べられないように生のままでは毒性を持っている。アーモンドやカシューナッツなど我々が口にするものは一度加熱して有害成分を減らしたものである。それでも何らかの成分がありそれががんの再発を減らしているのだろう。***********************https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000060-reut-intロイター 5/18(木) 14:36配信シカゴ 17日 ロイター] - 米国の研究チームが、週に57グラム以上のナッツを食べた結腸ガン経験者の再発率とガンによる死亡率が、食べなかった人よりはるかに低いとの研究結果を発表した。この量は、アーモンドなら48粒、カシューナッツなら36粒の量となる。 研究は、ボストンのダナ・ハーバー・ガン研究所の博士らが実施。ステージ3(リンパ節まで拡散した段階)の結腸ガン患者826人に食事に関する質... 詳細を見る