抗癌剤が悪いわけ

抗癌剤はあなたの癌幹細胞をより悪化するPosted on February 22, 2017 by Bradford S. Weeks, MD | 0 Commentsウイークス医師のコメント腫瘍治療の興味は最終的には取るに足らない間違った標的を殺すことから離れてゆく:それは癌幹細胞とその臨床的な治癒へ向けての研究である。素晴らしい研究がこういっている。なぜ抗がん剤と放射線療法が癌をもっと悪化させるのだろうか?これは国立癌諮問委員会のマックス・ウイチャ教授の言葉である。これらの科学者たちはHIF阻害剤を加えることを推薦している。しかし、最も安全な選択肢は(安全で効果的で費用対効果の高い)は、抗炎症剤、特にブラッククミンシード、ブラックラズベリーのような安全な種子ベースの油媒介抗炎症剤種子とシャルドネのブドウ種子。 だと述べているのだ。 Chemotherapy-Induced Ca2+ Release Stimulates Breast Cancer Stem Cell Enrichment化学療法誘発性のCa 2+放出が乳癌幹細胞濃縮を刺激する Haiquan Lu, et al C... 詳細を見る

飲酒によるがん死者、2012年に36万人 国連機関調査

飲酒によるがん死者、2012年に36万人 国連機関調査 飲酒による発癌を恐れて我慢するか、それもストレスだ。ストレスによる発癌を恐れて飲酒によるリラックスを求めるか結構これは難問だ。**************************************http://www.afpbb.com/articles/-/3106716?utm_source=yahoo&utm_medium=news飲酒によるがん死者、2012年に36万人 国連機関調査2016年11月03日 11:25 発信地:パリ/フランス 【11月3日 AFP】仏パリ(Paris)で開催の「世界がん会議(World Cancer Congress)」で2日、2012年に飲酒が原因で発生した新規がん患者は70万人以上で、がん関連の死者も約36万6000人に上るとする調査データが発表された。これらの発生件数は主に富裕国でのものだという。研究チームは、飲酒をする人としない人のがん発症リスクを比較し、がんの年間新規症例数の約5%、年間死者数の4.5%に、アルコールが関与しているとの結果を算出した。公式発表を控えた今... 詳細を見る

ビタミンDが脂質抑制

 ビタミンDはビタミンCに勝るとも劣らない抗がん効果を持っている。さらにインフルエンザの予防効果があったり女性に関しては老齢化で起こる骨粗鬆症の治療にも使われている。サプリメントで摂取しやすいお勧めのビタミンである。******************************http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000006-jij-sctchビタミンDが脂質抑制=脂肪肝、がん対策にも期待―京大時事通信 1/27(金) 2:07配信   京都大の上杉志成教授らの研究グループは、ビタミンDが体内で脂質の合成を抑制するメカニズムを解明したと発表した。この働きを活用すれば、脂肪肝やがん細胞の増殖を抑える薬の開発が期待されるという。論文は26日付の米科学誌電子版に掲載された。  ビタミンDは肝臓に入るとある化合物に変化するが、これをハムスターの培養細胞に投与して働きを調べた結果、脂質の合成を命令するたんぱく質「SREBP」を分解し、無くしてしまうことが分かった。  ただ、この化合物は腎臓でカルシウムの吸収を良くす... 詳細を見る

ビタミンC点滴療法

ビタミンCで風邪は防げるか

ビタミンCで風邪は防げるか ビタミンCの内服で風邪を防げるのかという研究があった。結論は以下にあるが、一日200mgでは少ないのではないか?通常の人の毎日の摂取量を100mgとした場合には2倍となるのであるが、今のサプリメントは1錠が500mgになっているものもある。ストレスフルな人にはそれでも効果があるようである。*********************************http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD000980.pub4/abstractVitamin C for preventing and treating the common cold Comment Review InterventionAuthors Harri Hemilä, Close author notesCorresponding author University of Helsinki, Department of Public Health, POB 41, Helsinki, Finland ... 詳細を見る

先端医療的がん治療

それはがん幹細胞だ、そんな馬鹿な!

 それはがん幹細胞だ、そんな馬鹿な! 僕の師匠であるブラッドのHPからである。彼らしい出だしで始まる。つまり乳癌の転移についての研究に驚いたようだ。確かに驚くべき研究だ。転移や再発をもたらすがん細胞は一度休眠してから薬物耐性を獲得してよみがえってくるのだ。このメカニズムを科学的に解明しないことには転移、再発の防止にはならないだろう。 ***************************************http://weeksmd.com/2016/11/cancer-stem-cell-stupid/テキサス州の研究者は乳癌再発の可能な理由を見つけるマーティ Toohey -アメリカン · ステーツマン スタッフによって投稿者: 14:44 金曜日 2016 年 11 月 25 日ハイライト…テキサス A & M 大学のチームは、いくつかの幹細胞が乳がんの腫瘍の成長のために「募集」される傾向があることを知っていた。研究者は考えた、もしその理由、なぜ彼らが幹細胞を「ミサイルのように」がん細胞を殺すように導くのかを考え出せたら。再三実験では、ミサイルは消えていた... 詳細を見る