がん幹細胞を標的とする治療法

がん幹細胞を標的とする治療法 現在幹細胞に対する治療を模索している状況についての話が記載されていた。標準療法の抗がん剤では完全治癒しないのは幹細胞がなくならないためである。幹細胞には抗がん剤も放射線療法も効果がないことがわかっているが、これと言って変わる治療法も出てきていない。自然物質が幹細胞をやっつけると言われているが、あまりに効果が弱いため厳格な食事制限やメンタルの安定化をはかってそのうえでの治療となる。薬でやっつけるという考え方が間違っているとの意見もあるが、現実問題としてはそのような薬ができたら患者さんにとっては良いことである。自然療法の限界もあるわけだから。**************************http://weeksmd.com/2015/04/targeting-cancer-stem-cells-at-last/がん幹細胞を標的とする治療。 投稿者のブラッドフォード、MD 2015 年 4 月 22 日ウイークス医師コメント:今がん幹細胞が標的にされているし、新しい癌を持つ人々 に適しています。腫瘍学におけるリーダー は 化学療法と放射... 詳細を見る

先端医療的がん治療

美容師はがんリスクが高い可能性、WHO報告

美容師はがんリスクが高い可能性、WHO報告2008年03月27日 21:54 発信地:パリ/フランス発がん性のある化学物質が悪者ですね。これらの発がん性物質に接触しないことはたいせつなことでしょう。現在癌の原因、遺伝子の変異についてビッグデータによる遺伝子解析もされているらしいが、このままだとまだ数十年の時間が解析にかかるらしい。解析が終わってから対処法が研究されるのだからいつになるかわからない。それまで我々にできることは、発がん性物質を避けて、免疫を下がることを避ける。これに尽きるのではないか。********************http://www.afpbb.com/articles/-/2370500【3月27日 AFP】染髪剤などの化学薬品を扱う美容師はがんリスクがほかの人よりも高い可能性があるとする報告書を、世界保健機関(World Health Organisation、WHO)の国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer、IARC)が発表した。  IARCによると「美容師や理髪師といった職業では、発がん性... 詳細を見る

ビタミンC点滴療法

オキシドールで乳がん治療 兵庫の病院長が新手法

小川先生が大学におられた頃、オキシドールを使用した乳がん治療について講演を聞いたことがある。オキシドールは高濃度ビタミンCが体内でがん細胞と反応して生じる物質である。だからビタミンCも癌に効果があると言われているのだが、注射で直接オキシドールを患部に注射する方法もまた有効であるかもしれません。ただ、正常組織に対してオキシドールがどのように反応するのか?それも調べているのでしょう。費用が安いのはとてもいいことだと思います。放射線科の先生ですから放射線を使わない治療はあり得ないと思いますが、オキシドールだけ、つまり過酸化水素、ビタミンCの生成物だけでも効果があるという研究もあったらいいなと思います。********************************http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150408-00000000-kobenext-sctch 藤井正彦・神戸低侵襲がん医療センター院長(左)にオキシドールの効果を話す小川恭弘・県立加古川医療センター院長=神戸市中央区港島中町8  兵庫県立加古川医療センター(加古川市)の小川... 詳細を見る

サプリメント療法, 統合 医療

ビタミンDがアトピー性皮膚炎の免疫調整作用および抗炎症作用を持っている

免疫の研究でわかったこと。アトピーの子供においてはビタミンDが炎症抑制と免疫反応の正常化をもたらすことが分かった。うちの子供も軽いアレルギー性の皮膚炎があるが、高原の暴露を減らすことだけでなくビタミンDの摂取も行っている。でも3か月本人に自発的に飲ませるのは難しいので親の務めだと思っている。***************************************http://www.dhcblog.com/kamohara/今月のアレルギー免疫研究の専門ジャーナルに、アトピー性皮膚炎の小児において、ビタミンDサプリメント投与による免疫調節作用を示した臨床研究が、イタリアのグループ(University of Chieti)から報告されていました。(Int Arch Allergy Immunol. 2015 Mar 13;166(2):91-96) ビタミンDは、免疫調節作用や抗炎症作用を有しており、健康保持や疾病予防に重要な役割を果たしています。 現在、多くの生活習慣病や慢性消耗性疾患において、ビタミンD不足が見出されており、ビタミンDサプリメントの利用が推奨されています。 (... 詳細を見る

大豆イソフラボンによる胃がんリスク低下:高山スタディ 

 日本にもこうした研究が出てきてうれしい限りだ。実際の癌治療の世界で食事指導の話はほとんどないのだけれど、このような食事の話を全国のがんセンターや大学病院の先生方がしてくれるようになるうれしいと思う。患者さんにとっても我々医療に携わる者としても大きな助けになる。ただ、この研究も癌の発生に関連があるということまでしか言えない。これが治療効果に直接結びつくことはないが、予防には役立つ情報である。毎日ダイズイソフラボンの食事をとるように気を付けよう。**********************************http://www.dhcblog.com/kamohara/がん研究の専門ジャーナル(電子版)に、大豆イソフラボンによる胃がんリスク低下作用を示した研究が、岐阜大学のグループから報告されていました。(Int J Cancer. 2015 Jan 14.)大豆やレッドクローバー、プエラリア・ミリフィカには、女性ホルモン様作用を有するファイトケミカル(植物エストロゲン)の1種、イソフラボン類が豊富に含まれており、女性特有の病気に対する予防や改善作用などの機能性が知られて... 詳細を見る