大豆の摂取は肺がんリスクを低下する

大豆摂取は肺がん以外にも広く推奨されるべき食事だと思われる。色々なエビデンスが出ているが今回は肺がんについて。*********************http://www.dhcblog.com/kamohara/今月の栄養学の専門ジャーナルに、大豆製品の摂取と、肺がんリスクとの関連を調べたメタ解析が報告されていました。(Nutr Cancer. 2013 Jul;65(5):625-32.)大豆では、大豆タンパクによる脂質代謝改善作用、大豆イソフラボンによる女性ホルモン様作用や抗酸化作用を介した機能性などが知られています。さて、今回の研究では、大豆製品の消費量と、肺がんリスクとの関連についてメタ解析による検証が行われました。具体的には、疫学研究11報を対象に、大豆あるいはイソフラボンの摂取量の最高群と最低群について、肺がんリスクとの相関が調べられています。解析の結果、大豆たんぱくの摂取量と、肺がんリスクとの間に負の相関が見出されました。(OR = 0.98, 95% CI = 0.96 to 1.00)また、非喫煙差では、喫煙者に比べて、負の相関が有意に大きくなっています。(OR ... 詳細を見る

天然自然抗がん物質療法

大豆による肺がんの生存率改善効果

大豆製品の摂取による肺がん生存率改善 大豆が癌の予防に効果があるという論文は多い。いろいろな癌でそれが証明されている。実際、発酵ダイズでがんの治療効果もずいぶんと上がっている。その類の論文も多い。こういった情報こそ、自然で誰にでも可能でかつ費用対効果も高いものだと思う。********************http://www.dhcblog.com/kamohara/臨床腫瘍学の専門ジャーナル(電子版)に、大豆製品の摂取が多いと、肺がんの予後が改善(生存率が改善)するという相関を示した臨床研究が報告されていました。(J Clin Oncol. 2013 Mar 25.)大豆では、大豆タンパクによる脂質代謝改善作用、大豆イソフラボンによる女性ホルモン様作用や抗酸化作用を介した機能性などが知られています。また、大豆イソフラボンには抗酸化作用があり、非喫煙者の女性では、大豆食品の摂取と、肺がんリスクとの間に負の相関が見出されています。そこで、今回の研究では、大豆食品の摂取と、肺がんの予後との関連が検証されました。(Shanghai Women's Health Studyという研究の一環... 詳細を見る

癌と闘う食品を買う!!

テキサス大学MDアンダーソンの専門家が、健康的な休暇シーズンの食料品の買い物リストを公開するMDアンダーソンがんセンター2012年11月15日MDアンダーソンでは癌と戦う食品が公認だが、日本の病院では相も変わらずがん患者さんに「何を食べてもいいですよ、癌と食事は気にするほどの関連はありません」と大嘘をついている。賢明な患者さんは医者が癌から救ってくれるのではなく、あくまで治療薬や手術は医師が提供するが治癒するには自分の知識、知恵、医師の力が必要であることと知っている。***********************************************http://www.cancerit.jp/20401.htmlテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの専門家らが作った、新しい休暇シーズンの食料品買い物リストに示した癌と闘う食品を買うことで、休暇シーズンの体重増加を避けることができる。「寒い時期になると、室内で過ごすことが多くなって体を動かさなくなり、さらに休暇シーズンに高カロリーの食事を食べ過ぎて、体重が増える傾向があります」とMDアンダーソンの健康管理栄養士であるMar... 詳細を見る

白百合は安全でかつ有効な癌の治療薬である

私は百合の香りが非常に好きだ、そして、鉢植えから地面の土に植え替えて、庭の中で花の輝きが永遠に続くように育てている。私はそれが有力な癌治療になるとは思っても見なかった。しかし、これに限らずたくさんの事実関係から言えることがあるともう。科学者がそれが真実であるとわかるまでの間に、私が信じている「真実」をあなたと共有したい: 「地球上で今日生きているすべての植物は、薬効成分を持っている。」さもなければ、それが薬効成分を持っていない場合、植物は地球上で生き残ることができない。そして我々の仲間の「ヒト」に関しては、十分に慎重に観察すると、すべての人々は「愛と美」であるというのも等しく真実である。 6月8日J Agric Food Chem. 2011;59の(11):5945-54。5月11日Epub 2011。植物病原真菌(ハイイロカビ属灰白質)による白百合(テッポウユリThunb。)のステロイド性配糖体の抗真菌性の活性と菌類の代謝。Munafo Japan paper Jr、Gianfagna TJ。ソースプラント生物学と病理学部、Rutgers-Theニュージャージー州立大学、59本のダ... 詳細を見る

大豆という抗癌食品

大豆という抗癌食品コメント: 大豆製品がよいものだということはさまざまな研究結果から推測される。エストロゲン受容体陽性の患者に関してはまだはっきりとした結果は出ていない。気にする人は摂取しないほうがいいかもしれないし、摂取してもよいかもしれない。これはまだはっきりとした結果が出ていないのだ。ただ、前立腺がんや大腸がん、には効果的であるしがん予防に関しても期待できるだろう。私は患者にこれを勧めているし積極的に摂取してよい食品だろうと思っている 大豆製品、発酵性大豆エキス、 多数の研究は、大豆の特定の植物化学物質が癌のリスクを低下させるのを助ける、そして、これらの物質の生物学的利用能が発酵によって非常に増加することを証明した。ミソ、テンペーと納豆のような発酵性大豆製品は中国人と日本人の食事の自然の部分である。そして、その人は乳がん、結腸と前立腺ガン(これが他の食事のおよび生活様式因子に関連がある可能性もあるにもかかわらず)の低リスクがある。責任がある植物化学物質は、イソフラボン、ゲニステインとダイドゼインを含む。ゲニステインは、癌細胞が癌細胞が体の免疫系の発作を乗り切るのを助けるタンパク質... 詳細を見る