遺伝子を操作して癌の発現をとどめるという考え方

エピジェネテイックという考え方遺伝子が発現して癌になるのだから、遺伝子を発現しないようにすればいい。というのがひとつの考え方である。人間にはたくさんの遺伝子があり、そのそれぞれが発現して病気になることが明らかになってきた。みな等しく持っているのだ。ただその遺伝子が発現する人としない人がいる。これはどこに違いがあるのだろうか?それをエピジェネテイックという考え方で研究している。おそらくは何らかのきっかけですいっちが入るらしい。それが何なのか?肉食がひとつの原因であることはわかっている。ほかにも菜食がリスクを減らすこともわかっている。私は食事と生活習慣、毒素への暴露などが原因ではないかと思っている。***************************************************http://www.cancerit.jp/16702.htmlエピジェネティックな変化を標的とし、癌細胞を再プログラムする薬剤2012年米国癌学会(AACR)年次総会で発表された研究において、エピジェネティック治療という新しい癌治療法についての新たな知見が示された。DNAを損傷させたり、重要... 詳細を見る

がん幹細胞の新たな研究

癌の幹細胞が再発に関して有力な原因となっている。では幹細胞を死滅することは不可能なのか?現在その薬剤を見つけようと研究が進んでいる。また、遺伝子学の分野では癌の発現、進行を促進する遺伝子は食事と適度な運動、免疫力の向上で不活性化することも言われてきている。これはどういうことだろう?がん治療に新たな分野が生まれ始めているということだ。当院では自律神経免疫療法を推進することになった。また、食品で癌抑制遺伝子のスイッチを入れるものがいくつか見つかっている。以前にも書いたと思うが、大豆イソフラボンやレズベラトロール、ケルせチンなどである。これらのサプリメントも治療には有効である。**************************http://www.cancer.gov/ncicancerbulletin/080712/page2新たなアプローチで得られた癌幹細胞の根拠遺伝学的ツールを利用して、マウスにおいて腫瘍増殖を促進しているとみられる細胞の亜集団が同定された。3つの独立した研究グループから得られた本知見は、あらゆる種類の腫瘍細胞を生じさせる幹となる自己複製細胞によって一部の腫瘍は維持さ... 詳細を見る

グレープフルーツジュースは抗がん剤の投与量を減らす

シカゴ大学病院の研究者らは、癌治療用薬剤の取込み及び消失に対する食物の影響を研究している。Clinical Cancer Research誌8月号で発表された試験で同研究者らは、1日8オンス(約250mL)のグレープフルーツジュースを飲用することで、シロリムス(sirolimus:免疫抑制剤、抗癌剤テムシロリムスの類似化合物、日本未承認)の代謝を遅延させることを示した。シロリムスは、移植手術患者への適応薬であるが、多くの癌患者に対しても有用な可能性がある。1日8オンスのグレープフルーツジュースを飲用する患者では、シロリムスの血中濃度が350%も増加した。また、薬物代謝の遅延を引き起こすケトコナゾールについても、シロリムス血中濃度を500%増加させることが示されている。「グレープフルーツジュースを、同様の作用機序を持つ薬剤と併用した場合、多くの薬剤の血中濃度を有意に増加させる可能性があります」と述べたのは、本試験の責任者であるEzra Cohen医師、シカゴ大学病院の癌専門医である。「しかし、グレープフルーツジュースによる薬物血中濃度上昇は過剰投与になりかねないと長い間考えられています。... 詳細を見る

緑茶も癌に効果がある~自然のものはすばらしい

癌と緑茶(砂糖は入れません)よく見ると、すべての人は美しい。同様に、すべての植物はよく調べてみると何らかの治療効果を持っているのだ。さもなければ地球上でここで生存していないともいえる。緑茶とその抽出物EPGGに関するよいニュースだ。 緑茶エキスは『癌腫瘍を根絶する』飲料からの抽出した物質が腫瘍の半分を消滅させることができるとわかったあと、緑茶からできた強力な新しい抗癌剤はすぐに開発された。1杯の緑茶を楽しむことが癌と戦う際により広い有益性を持つかどうかということはすぐに効果があるとは言いがたい。しかし、我々は健康的なバランス食がリスクを低下させるのを助けることができるということを知っている。緑茶エキスは皮膚癌腫瘍を40%減らすことができた。ストラスクライド大学のクリスティーンDufes博士によって導かれた。 スティーブン・アダムズ(医学通信員)によって6:05PM BST 2012年8月21日検査では、ストラスクライド・チーム大学は、40パーセントの人間の皮膚癌腫瘍を合成物を使用して消えさせた。緑茶は抗癌特性を持つことで長く疑われた、そして、抜粋(エピガロカテキン没食子酸塩と呼ばれてい... 詳細を見る

玄米の籾殻が免疫力の向上に関係している

玄米は栄養素に満ちた食品であり、その成分であるガンマオリザノールはこれから研究が進むだろうが重要な免疫物質になるだろう。 ******************************米糠オリゴ糖類は、免疫調節性動きを示す最近のマイアミ検査大学によって、MIAMI-ライス・ブランArabinoxylan Compound(RBAC)(米糠に由来するヘミセルロースBの酵素の加水分解によって生じられる補助食品)は免疫系を調整するのを助ける。そして、それは効果をサイトカイン、成長因子とナチュラル‐キラー(NK)細胞傷害性で発見した。本研究(大和Health Developmentが後援する)の成績は、HealthとDiseaseでFunctional Foodsの7月号で発表された。本研究は特にいずれの1g/d(n=10)の2ヵ月も示した、そして、健常な成人におけるRBAC(大和によって、PeakImmune4Rとして)の3g/d(n=10)の服用はNK細胞傷害性の短期上昇に相関した。そして、それは1週でピークに達した。12のサイトカインを含んでいるインターフェロン-γ、腫瘍壊死因子-α(TN... 詳細を見る