医療問題, 政治経済

自粛警察、自分だけが正義と言う愚かさ

全国で自粛警察が猛威を振るっている。コロナウイルス以上に害悪である。自分だけが正しいと思いこんでいる人々は歴史上でも多大なる間違いを犯し、周囲に迷惑と苦しみを与えてきた。キリスト教信者以外は人間ではないと言って、バチカンが黒人奴隷を認めたのもその一例だし、アジア人を奴隷化しようとして西洋列強が植民地政策を実行したのもその一例である。自分が正しいという思い込みは「無知の知」と全く相反する考えである。自分の思考に間違いがあるかもしれないとおもう哲学的な反省はこれらの自粛警察人間にはないのだろう。しかし一方で自粛を守らずにコロナ感染したのに移動する人にはそれなりの罰則があっていいと思う。そのほうがこれらのリンチ私刑を行う根拠がなくなるから、本来は政府の自粛要請にも罰則規定があってしかるべきだ。しかし、緊急事態宣言はできても罰則を決めれないという法律になっていることが問題だ。ここが日本のもつ問題だろう。もし罰則規定を設けようとすると、反日勢力が人権問題をすぐに持ち出してくる。日本がかつて国家権力の暴走を止められなかった反省点だ。ここでの反省が、国家に対する反対勢力を増加させている。危機の時期に... 詳細を見る

医療問題

ビタミンCがコロナから救う、

以前からビタミンDはインフルエンザや癌の予防効果があると言われてきた。今回の流行しているコロナに関してもビタミンDと死亡率の関連がわかってきた。やはり免疫にはビタミンDは関連しているようである。**************************************https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200510-00177808/【新型コロナ】重度のビタミンD欠乏で死亡率2倍か 米研究報告飯塚真紀子 | 在米ジャーナリスト5/10(日) 9:15ビタミンDを多く含有する食品。写真:amadojo.net新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の開発が世界中で進んでいる。しかし、現状、ワクチンや確立された治療薬がない今、新型コロナと闘うには免疫力をつけることが重要だ。免疫力を高める栄養素の1つにビタミンDがあるが、ビタミンDの濃度と新型コロナによる死亡率の関係性について、欧米で、新たな研究結果が次々と報告されている。Aging Clinical and Experimental Research(生物老年学や神経科学、疫学の研... 詳細を見る

医療問題

感染は収まるのか?第二波が来るのか?

コロナ感染は日本では収まりつつあると言っていいだろう。高知県でももう1週間以上新規感染者は出ていない。しかし、安心してはいけないのがコロナである。まだまだ分からないことも多いのだ。果たしてワクチンができるのか?自然免疫が効果を発揮するのか?ドイツやイタリア、欧米は徐々にロックダウンを段階的に解除しつつある。日本もその流れだ。うまく収束したらいいと思う。一方で韓国では再び感染者が見つかり始めている。厄介なウイルスだ。油断してはならないし、自粛しすぎても経済的に世界が困窮し貧困と自殺が増えてきては困る。**********************************https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200508-00010001-wired-sctch5/8(金) 12:13配信 MARCO CANTILE/LIGHTROCKET/GETTY IMAGES ほんの数カ月前まで、わたしたちの多くは新型コロナウイルスの存在さえ知らなかった。しかし、一部の迅速な研究と数百万人の症例から収集したデータのおかげで、科学者たちはこのウイル... 詳細を見る

医療問題

コロナを恐れてはいけない、しかし備えなければならない

実際のところコロナウイルスに関してはまだまだ不明な点が多い。しかし、小さな統計があちこちで発表されており徐々に全貌に近づいているともいえる。このような時にあえて恐怖をあおり、人々を判断力がない状態にすることをショックドクトリンという政治的行動であることは以前もブログで述べた。人々はパニックになると恐怖心と非科学的な感情に突き動かされる。私は科学者の端くれを自認しているから、なるだけ感情的にはならずに理論的にデータを見ていたいと思っている。 データで見れば今回のコロナ騒動は日本においては幸いなことに例年のインフルエンザの被害と比べてもごく小さなものである。例年日本では約1000万人がインフルエンザに感染し、約1万人が死亡している。5月8日現在、日本では感染者数が1万1434人、死亡者数が557人である。実にインフルエンザの約1000分の1の感染者数で、死亡者数も5%程度である。これを見てコロナウイルスが猛威を振るい日本人を多数死亡させたとは科学的には考えない。 例年自殺者数は3万人いる、肺炎で亡くなる人は10万人、ガンや心臓病などで亡くなる人を入れると年間130万人程... 詳細を見る

医療問題

都市封鎖に意味はあるのか?自然免疫との比較

日本は都市封鎖をさらに1か月延長することになった。政府の考えは都市封鎖によって感染拡大を止める方向にあるようだ。都市封鎖して一度感染者数の拡大が止まったとして、封鎖の解除をすればまた感染者が増えてくるだろう。これは終わりのない戦いともいえる。今のところ、中国とNZニュージーランドが新規感染者ゼロを誇らしく宣伝している。これももし自国民が海外へビジネスや休暇で出てしまったら帰ってくるときにコロナを持って帰ることになるから、鎖国状態はなかなか止まらない。実際に現在は海外への渡航は世界的にほぼ停止状態である。世界中の国で新規感染者数がゼロにならない限りは世界的な貿易行動やビジネスに伴う移動は危険な感染拡大と同意義になる。ならば、究極世界からウイルスが根絶することがあるのだろうか?世界から新規の感染者が根絶するのにどれくらいの時間がかかるのだろうか?これから南半球は秋から冬となり感染者は増加する時期になる。その時に患者のいなくなった北半球から人々が入ってくること自体が危険なことになる。それを考えると最低1年間は世界の交易は交流は禁止となるだろう。これは一種の世界同時鎖国である。世界同時鎖国と都... 詳細を見る