日本の医師のどの程度がワクチンの危険性を自覚して接種していないのだろうか?世界ではワクチンパスポートは撤廃になり、ワクチンの危険性を自覚する国民が増えている中で、日本は接種率のノルマ達成へ官民挙げて必死になっている。

本当のことを言うと陰謀論と言われるこの国は如何にも正常ではない。この状態でオリンピック開催も如何にも異常であるのに、誰もそれを言わない。政治家は国民のために働いているのではなく、世襲性の既得権益を守るために働いている。
野党は中国からの支持を背後にもち、中国のために働いている。経団連も同じ、ユニクロがフランスから人権問題違反で訴えられたのも同じである。ただし、日本のメデイアは絶対に正しい報道はしない。

さあ、ワクチンが危険なものであることを日本人が知ることはできるのだろうか?マスメデイアがその危険性を報道するときには誰を責任者としてつるし上げるのだろうか?それともうやむやにするのだろうか?
********************************

彼ら自身の個人的な健康に関しては、ほとんどの医師は実験的な居心地の良いワクチンにノーと言っています

Image: When it comes to their own personal health, most doctors are saying no to experimental covid vaccines

 

(ナチュラルニュース)米国医師外科医協会(AAPS)が実施したインターネット調査によると、全医師の60%以上が武漢コロナウイルス(Covid-19)の「予防接種」を受けないことを選択していることがわかりました。

700人以上の医師がこの調査に回答し、危険な実験薬にノーと言うだけでナンシー・レーガンのアドバイスを受けていることが示された。

今日のドラッグプッシャーがスーツを着てテレビに出ているからといって、彼らの提供が路地裏で亀裂やヘロインを行うランダムな数字よりも安全であるという意味ではありません - そして、医療業界はこれを十分に認識しているようです。

この調査結果は、米国医師会(AMA)が最近行った、すべての開業医の約96%が政府のガイドラインに従って完全に注入されているという最近の主張と直接矛盾している。

AAPSのエグゼクティブ・ディレクター、ジェーン・オリエント博士(M.D.)は、「ショットを断った人を『アンチバクサー』と呼ぶのは間違っている」と述べた。

「医師は「抗抗生物質」や「抗手術」ではないのに対し、個々の患者に利益をもたらすよりも不必要、危害を加える可能性が高い、または不十分な検査を受ける治療に反対している医師はいません。

ほとんどの医師が同意する:中国のウイルス注射は完全に不要です

AAPS調査で調査された人々の中で、54%は、多くの人々が中国のウイルス注射に対する「重大な有害反応」に苦しんでいるという事実を十分に認識していることを示しました。

予防接種を受けていないと答えた医師の80%も、「ショットのリスクは病気のリスクを超えると思う」という声明を認め、30%は「私はすでにCOVIDを持っていた」と答えた。

ショットを減少させる他の理由の中には、完全に不明である長期的な副作用に関する懸念と、一部のバイアルでの中絶されたヒト胎児組織の使用が含まれる。

ジャブの「実験的な」性質は、ヒドロキシクロロキン(HCQ)およびイベルメクチンを含む利用可能な他の効果的な早期治療オプションがあるとともに、拒絶の理由としても提示された。

血栓、心血管疾患、早期死亡に対する懸念は、政府やメディアがどんなに積極的に押しても、医師が中国のウイルス針にノーと言っている理由としても与えられました。

ほとんどの医師は、注射の必要性を避ける熱心な人のための早期治療を提供すると言います

興味深いことに、AAPS調査に回答した実践医のほとんどは、注射の必要性を避けるファウチインフルエンザの早期治療レジメンを個人的に提供していることも示した。

ファウチオチエショットで患者のDNAを永久に変更するのではなく、これらの医師は、最小限の副作用で重篤な感染のリスクを最小限に抑えるのに役立つ他の試行錯誤の治療法を使用しています。

医師はまた、中国のウイルスのために注射を受けると、変異体を「捕まえる」リスクが高まり、ショットが役に立たないと危険であることを主に認識しました。

注射に関連する危険因子として医師によって認められた重篤な副作用の中には、切断、麻痺、死産、月経の不規則性、失明、発作および心臓の問題、ならびに死がある。

オリエント博士は、ジャブと一緒に既に報告されているこれらのエピソードの多くは、通常の新薬承認プロセスの後に発生した場合、主要な製造物責任または過誤賞をもたらした可能性があると述べています。しかし、彼らは「ワープスピード」で生産と使用に突入したので、ワクチンメーカーは怪我や死亡の場合に責任を負いません。

「これらの居心地の良い製品の清掃業者は訴訟から保護されています」とオリエント博士は警告します。

AAPSは1943年以来、すべての専門分野の医師を代表してきました。それはモットーです、オムニアプロアエグロトは、「患者のためのすべて」を意味します。

武漢コロナウイルス(Covid-19)に対する質量耐性に関するより関連するニュースは、ChemicalViolence.comで見つけることができます.

この記事のソースは次のとおりです。

LifeSiteNews.com

NaturalNews.com