ワクチンに効果がなく接種者の多くが感染している現実が海外にはある。
この現実を無視してワクチン接種に邁進する。さらに、ワクチンパスポートなるものを作り

ワクチンを打たない人には不利益を被らせるのは明らかに人権無視である。

***********************************

ワクチン効果ない2つのレポート

記事 ① イスラエルからの情報
VAX FAIL: Latest “covid” outbreak in Israel occurred mostly in “fully vaccinated – NaturalNews.com
(概要)
7
1日付け

Natural News)
イスラエル政府は、PCR検査で陽性となりデルタ株に感染したことを確認した人の殆どがワクチン接種者であると発表しました。

イスラエル政府の専門家諮問委員会のRan Balicer会長は、「イスラエルではデルタ株の感染拡大に伴い入院患者の急増につながる恐れがあるため、新たなロックダウンを検討している。デルタ株が入ってきたことで移動動力学が変わった。B.1.617.2株(デルタ株)が70カ国以上で確認された。」と述べました。

変異株に感染した入院患者の殆どがファイザー社のmRNAワクチンを2回接種した人たちです。つまりCOVIDワクチンは使い物にならないということです。

イスラエルでは200人以上がPCR検査で陽性となりデルタ株に感染したことが確認されたと言われています。そのため、イスラエル政府は国民に対し屋内でのマスク着用を要請しました。イスラエルでは再び自宅以外がマスク着用ゾーンに指定されてしまいました。イスラエル政府はこの1年間、国民に対して世界で最も厳しいコロナ対策を強要してきました。

イスラエルの人口(930万人)の55%がファイザー社のワクチンを2回接種しています。しかも12才の子供まで接種させています。イスラエル政府は強引なやり方で国民を命令に従わせようとしています。

 

イスラエル国民委員会がCOVIDワクチンは人体に壊滅的ダメージを与えると発表したのにもかかわらず、イスラエル政府は今でも全国民にファイザー社のワクチン接種を強く求めています。

変異株に感染している人はみなワクチンの副反応に苦しんでいる人たちばかりであることは明らかです。我々の多くがこうなるだろうと予測していました。
グローバリストの企みとは、コロナの恐怖を煽りながら全国民にワクチンを接種させることです。そしてワクチンの副反応が表面化すると今度はそれらの症状を(捏造した)変異株のせいにして事実を隠蔽します。また変異株を口実に、再びロックダウン、マスク着用、ワクチン接種を押し進めます。
人々が政府の命令に従い続ける限り、専制政治、ワクチン接種、恐怖を煽る報道の無限ループが続きます。

イスラエルで起きているようなことを米国で起こさせてはならないと思います。

CDCの発表によると、(ワクチン接種後に)米国46州と領地で既に1万人以上が変異株に感染したと報告されていますが、彼等はみなワクチンの副反応による症状であったことが分かったのです。

ょう

しかしこの事実(変異株は存在せず、全て副反応の症状)を隠蔽するために変異株を捏造して変異株のせいにしているのです。そして現在の感染拡大はワクチンの副反応の拡大なのです。

「グローバリストは彼等のグローバル・リセットを実行し反キリストの悪魔によるワンワールドオーダーを確立させるまでは絶対に満足しないだろう。」とエポックタイムズのコメンテーターがこれらのナンセンスの背後にある本当の目的を示唆しました。

「なぜ神の緑の地球が、安全で効果的なコロナの治療薬があるのにもかかわらず、全人類に実験用の生物兵器(遺伝子操作兵器)を誰かに強制的に注射させるだろうか。」と。。。
中略
このようなワクチンを接種した人たちは数か月後、数年後に苦しむことになるでしょう。

記事 ② イギリスからの情報
New report stuns the world: The vast majority of those now dying with covid are people who were VACCINATED against it – NaturalNews.com
(一部)
7月1日付け

イギリスのPublic Health Englandの発表によると、コロナ死者の62%がワクチン接種者であることがわかりました。

しかし主要メディアはこの発表をかき消すために同時並行的に政治家のマット・ハンコックと彼の補佐官との不倫について報道したのです。
それでもネット上では多くの人々が政府が主張するワクチンの安全性と効果について疑問を投げかけるようになりました。

イギリスの最新データでは、ワクチン接種者がデルタ株で死亡する割合は、未接種者(ナンシー・レーガンがかつて言っていたように、危険な薬は使わす免疫系とDNAに戦わせることを選んだ人)の3倍であることが示されています。

イギリス国内で2021年2月1日~2021年6月21日の間にデルタ株に感染した50才以上の人は9571人です。そのうち、8025人はワクチン接種後28日以内に感染した人たちです。

イギリスではワクチンの集団接種が押し進められていた時期と変異株の感染者急増の時期が一致しています。このデータからもワクチン接種者が増えれば増えるほど感染者が増えているのがわかります。そして変異株の感染者の77%(33%が2回ワクチンを接種)がワクチンを接種してから21日以上経っている人たちです。この年齢層の未接種者の感染率はたった10%です。

以下省略

記事 ③ 米国からの情報
DEPOPULATION ALERT: Shocking new study reveals covid vaccine TERMINATES 4 out of 5 pregnancies via “spontaneous abortions – NaturalNews.com
(一部)
7
1日付け

New England Journal of Medicineの研究論文によると、妊娠3か月~6か月の妊婦の82%がCOVIDワクチン接種後に流産しています。つまり5人に4人の胎児を死に追いやったということです。しかし彼等はこれを意図的に自然流産と表現しています。それは流産の本当の原因を隠すためです。

また、1回目のワクチンを接種した827人の妊婦のうち、700人が妊娠9カ月目でした。ワクチンを接種した妊娠3か月~6か月の妊婦は127人でした。

以下省略