超美白点滴療法

ビタミンC

あなたは美しい肌を手に入れる為に、何をしていますか?

美白を手に入れるために色々な方法や商品がありますが、その方法の1つに「点滴療法」があります。

元はがんの治療法なのですが、その高濃度ビタミンCは美白にも効果を発揮します。

超美白点滴療法がどういったものなのか、ぜひご確認ください。

シミ、しわ、肌のくすみはなぜできる?

シミ

シミには肝斑(かんぱん)、老人性(日光性)色素斑、脂漏性角化症、炎症後色素沈着があります。

紫外線やホルモンの影響などにより、メラノサイトが活性化し、メラニン色素ができます。メラニンは皮膚の細胞を、紫外線から守ってくれます。細胞核の上に帽子のように集まり、DNAの損傷を防いでくれます。これをメラニンキャップと呼びます。

通常は、表皮のターンオーバーで角質とともに垢(アカ)として排出されます。 しかし、長年の紫外線により細胞が傷つくと、過剰なメラニンが作られ、それが原因でシミになってしまいます。

しわ

しわの発生原因は、真皮層のコラーゲン繊維とエラスチンからなる弾力構造が、紫外線や活性酸素によって破壊され、弾力がなくなることから生じます。

くすみ

くすみの原因は、ターンオーバーの乱れが原因です。 通常、健康な肌では28日周期で表皮の細胞は生まれ変わります。

ターンオーバーの乱れは、偏った食生活・不規則な生活・睡眠不足・ストレス・喫煙などが原因です。

現在の主な美肌美白法

一般的に、美肌効果をもたらすものは、体の外側からのアプローチと、体の内側からのアプローチがあります。

体の外側からのアプローチとしては、化粧品やケミカルピーリング、レーザー治療、美容外科的手術などがあり、体の内側からは、ビタミンCやコラーゲンの摂取などがあります。

シミの治療

シミの治療は、まず正しい診断から始まります。

レーザーなどの肌に侵襲性のある治療においては、診断の間違いがシミの症状を悪化させる事もあります。また、レーザーは即効性がありますが、これから生じてくるシミの発生を抑制する効果はありません。

ケミカルピーリングも美容外科の専門知識が必要になります。皮膚を化学的に剥離するために痛みが生じ、しばらくの間、顔面に皮膚の剥離痕跡が残ります。

薬用化粧品の有効成分には麹酸やビタミンC等があります。これらはメラニンの生成を抑える働きがあります。

しわの治療

コラーゲン、ヒアルロン酸を注射します。 コラーゲンとは、細胞をとりまくたんぱく質のことで、注射により新陳代謝を高めます。

ヒアルロン酸は保水力が高く、肌に弾力をもたせる事ができます。 共に時間が経つと吸収されてしまうので、注射は一時的な補給となります。

くすみの治療

ターンオーバーのリズムを正常に戻すために、生活習慣の改善が必要です。

バランスの取れた食事、規則正しい生活、ストレスをためない、洗顔・保湿・紫外線対策をしっかりとする、角質除去作用のあるフルーツ酸やグリコール酸入りの洗顔料を使用する、美容皮膚科のピーリング治療などがあげられます。

点滴療法の有効性

このように、外側からのアプローチには様々なものがありますが、注意点も多いのです。

そして、体の内側からのアプローチである栄養素の補給に関しては、 ビタミンCとコラーゲンの補給が最も効果的だといえますが、経口補給での摂取方法は、十分な効果があるわけではありません。

1日のビタミンC摂取量は、消化器官の限界として、2~3g程度だと言われています。 ビタミンCの血中濃度の正常値は0.6~1.7mg/dlですが、経口摂取限界量の2~3gを摂取しても、血中濃度は2.0mg/dl以上にはなりにくいと言われています。

そこで、当院では、点滴療法に注目しました。 当院が点滴療法を取り入れるきっかけとなったのは、がんの治療法を探していた時でした。

がん治療の詳細についてはがん治療超高濃度ビタミンC点滴療法等のページをご覧ください。

がん治療の患者さんに高濃度ビタミンCの投与をした際に、うれしい副作用として肌が白くなることから、この超美白点滴は始まりました。

※ 美白の評価は非常に困難であり、学会でエビデンス(証拠)として評価はされていません。これは肌の色が血管に流れる血流量によって違ってくること、気温によっても肌の色に違いが出ること等があると考えられます。

ビタミンC血中濃度

ビタミンCの力

当院では、高濃度のビタミンC(1回20g)を点滴します。点滴20gのビタミンCは、レモンに例えると約1000個分になります。また、その際のビタミンC血中濃度は、100mg/dl以上になります。

体内におけるビタミンCの役割

  • メラニン色素の形成を抑制、既成メラニン色素の還元を促進
  • コラーゲンの生成と保持に関与
  • 体内における活性酸素に対する抗酸化作用
  • 免疫力をアップ、風邪・風邪の引きかけの治療及び予防
  • 全身倦怠感・疲労の回復

超美白点滴のその他の成分と効能

  • ビオチン:湿疹、接触性皮膚炎、脂漏性湿疹
  • タチオン:湿疹、色素沈着
  • ビタミンB12:心の安定、癒し

通常一般的な日本の医療機関では、これほどの高濃度の点滴は一般的ではなく、大学病院でも経験が無いのが実情です。

また、美容外科や婦人科などでも美白効果を謳ったビタミンC約5g程度を点滴、もしくは静脈注射を行なっているようですが、その程度のビタミンC濃度でも、血管痛を感じたり、様々な副作用を訴える患者さんもおられるようです。

当院に来院した患者さんの中には、他院でビタミンCの注射を行い、失神した方もおられます。

しかし、当クリニックでは、それ以上の高濃度ビタミンCを一度に点滴します。

ビタミンCの投与は、15gを超えてくると血管痛が非常に高頻度で起こります。この血管痛を収め、また高濃度点滴の浸透圧の調節を行うことが、 高濃度ビタミンC投与に関して必要な知識なのです。

この点に関して当クリニックでは、野中院長自らがアメリカに出向き研究し、研修を受けています。そして各種点滴を、院長始めスタッフも実施体験しています。

超美白点滴療法各種

ビタミンC、L-システイン、ビタミンB群を主成分とした点滴です。時間がない方の為の注射、アトピーにお悩みの方の為の点滴もあります。

主な成分

  • ビタミンC
    美白、シミ・くすみ・ニキビなどの改善、メラニン生成の抑制、コラーゲンの産生促進、抗酸化作用、免疫力向上、アルコール分解作用など
  • L-システイン
    メラニン生成の抑制、コラーゲンの産生促進、ターンオーバーの正常化、肌・爪・髪などを健康に、疲労回復など
  • ビタミンB群
    皮膚・粘膜・髪を健康に、脂質・糖質の代謝促進、貧血予防、神経・精神の安定、抗ストレス作用など
美白注射 あまり時間がないけれど、きちんと美白したい!という方に。注射に必要な時間は約5分、ご予約の必要もありません。
主な成分:ビタミンC3g(レモン約150個分)、L-システイン80mg

美白ショート
点滴
短い点滴時間(約15~20分)でご利用できる点滴です。天然の抗アレルギー成分を含みます。
主な成分:ビタミンC 5g(レモン約250個分)、L-システイン80mg、ビタミンB群
美白抗加齢点滴 従来の美白点滴をパワーアップしました。じっくり時間をかけて身体を内側からキレイにしたい方に。点滴時間は約40~50分です。白髪予防、血流改善、天然の抗アレルギー成分を含みます。
主な成分:ビタミンC 22g(レモン約1100個分)、L-システイン160mg、ビタミンB群
美白抗加齢点滴
スペシャル
美白抗加齢点滴をさらにリッチに。ビタミンCは2倍以上の52gです。点滴時間は約60分です。白髪予防、血流改善、天然の抗アレルギー成分を含みます。
美白抗加齢点滴スペシャルをご利用の際には、G6PD検査を行います。がん治療に用いるのと同程度の高濃度のビタミンCが含まれる為、「G6PD異常症」という病気の方は美白抗加齢点滴スペシャルを受けることができません。
主な成分:ビタミンC 52g(レモン約2600個分)、L-システイン160mg、ビタミンB群
アトピー美白点滴 アトピー等のアレルギーでお悩みの方に。白髪予防、血流改善、天然の抗アレルギー成分、解毒成分を含みます。
主な成分:ビタミンC5g(レモン約250個分)、L-システイン80mg、ビタミンB群

注射は週に1回程度、点滴は月に1~2回程度のご利用をおすすめします。

料金

初診料:3,240円(再診料:1,080円)

美白注射:2,700円
美白ショート点滴:5,400円
美白抗加齢点滴:13,000円
美白抗加齢点滴スペシャル:20,520円
アトピー美白点滴:6,480円

G6PD検査:10,800円

※ 点滴療法は予約制です。時間は多少前後することがありますので、余裕を持ってお越しください。

超美白点滴療法