自己多血小板血漿(PRP)療法

うしおえ太陽クリニックは第三種再生医療の登録医療機関です。
「自己多血小板血漿(PRP)を用いた、しみ・しわ・たるみ・にきびの治療」、「自己多血小板血漿(PRP)を用いた筋・腱・靭帯の軟部組織治療」は第三種再生医療です。厚生労働省の「届出された再生医療等提供計画の一覧」にて、当クリニックの届出内容をご確認頂けます。

PRP療法について

多血小板血漿(Platelet Rich Plasma, PRP)は、自分の血液から抽出して得られる血小板とそこに含まれる成長因子を豊富に含む成分であり、組織修復を促進する事で知られています。

血小板には、出血した際に血液を止める働きが知られていますが、その他にコラーゲン合成や血管新生、組織修復などの働きがあることが分かっています。

PRP療法は、患者様自身の血液から採取した血小板を用いて治療を行うため、感染や免疫反応等の副作用のリスクが少なく安全であると共に、局所に注射して投与する事が可能であるため、非常に侵襲の少ない治療法です。

皮膚科・形成外科・美容外科・歯科・口腔外科などから利用が始まり、整形外科・スポーツ医学の分野でも欧米を中心に頻用されており、日本でも認知されつつある治療法です。

治療の対象と効果

  • しみ・しわ・たるみ・にきびの改善
  • 筋・腱・靭帯の軟部組織の再生

アトピー性皮膚炎や免疫力が低下している等、疾患や内服中のお薬の種類によっては施術をお断りする場合があります。

自己の再生力を活用する治療であり、効果には個人差があります。また、治療部位の状態により、複数回の施術をお勧めする場合があります。

治療の実際

  1. 専用の真空採血管に血液を採取します。(採血菅1本あたり約10~20ml)
  2. 血液を遠心分離し、血小板を多く含む多血小板血漿(PRP)を採取します。
  3. 顔の場合は、採取したPRPを治療部位とその周辺に細い針を使用して注入していきます。筋・腱・靭帯の場合は損傷部位付近に注入します。
  4. この治療は経過観察が必要な為、月に1度の診察を半年間継続します。

料金

初診料:3,300円(再診料:1,100円)
しみ・しわ・たるみ・にきび(1部位、左右別)55,000円
筋・腱・靭帯(1部位)110,000円

※ 自己多血小板血漿(PRP)療法は予約制です。

自己多血小板血漿(PRP)療法