低用量ナルトレキソン

低用量ナルトレキソンの輸入について
当クリニックではアメリカより輸入しておりましたが、輸出規制の為、今後は輸入先の変更もしくは取扱いの中止等が考えられます。その時々の状況により、患者様に処方が可能かどうかをお伝え致します。ご了承よろしくお願い致します。

低用量ナルトレキソン(LDN)とは

ナルトレキソンは30年以上前から麻薬中毒、アルコール依存症、盗癖の治療薬として使われていた内服薬です。

しかし最近の癌治療に関する臨床研究結果から、少量のナルトレキソンの投与が癌細胞の成長・分裂・アポトーシスをコントロールするとして注目されています。

さらに低用量ナルトレキソン療法は、エイズや多発性硬化症・パーキンソンなどの疾患に対しても効果があることから注目されています。

ナルトレキソンの歴史

1981年にIan Zagon らはマウス神経芽細胞腫モデルで少量(0.1mg/kg)ナルトレキソンの投与が腫瘍の増殖抑制・寿命延長することを示した。

1985年に、ニューヨークのBernard Bihari医師は少量のナルトレキソンがHIV患者の免疫反応性を高めることを発見。

1990年半ばにBihari医師はLDNがガン患者の一部、SLE等の自己免疫疾患に有効であると示唆。

ガン患者450例に対する低用量ナルトレキソン(LDN)の効果

ガン患者450例に対する低用量ナルトレキソン(LDN)の効果

米国国立癌研究所(NCI)による低用量ナルトレキソン(LDN)癌症例の調査

2002年6月に、癌専門医および米国国立癌研究所の癌科医がDr. Bihariの診療所の癌患者のカルテ約30例を再検討した。約半数が、問題なく低用量ナルトレキソンに反応したようであるとして、選択された。

2004年3月にBihari医師は標準治療に反応しない450例の患者に低用量ナルトレキソン(LDN)療法を行い60%以上で有効であったと報告した。

低用量ナルトレキソンによる腫瘍増殖抑制の機序

  1. 血流中のメトエンケファリン(副腎髄質で多量産生されるエンドルフィン)およびベータエンドルフィンの上昇を誘発する。
  2. 腫瘍細胞膜上のオピオイド受容体の数・密度の増加を誘発することにより、既存濃度のエンドルフィンの増殖抑制効果に対する受容体の反応性を高めて、癌細胞のアポトーシス(細胞死)を起こす。
  3. エンドルフィンの濃度上昇に反応してナチュラルキラー(NK)細胞の数および活性、リンパ球活性化CD8細胞の数を増加させる。
  4. 2006年9月よりミネソタ大学メソニック・ガンセンターは国立癌研究所と共同で「ホルモン療法に反応しない乳癌の転移病変に対するLDNの効果」をPETで評価する第2相臨床試験を実施している。

低用量ナルトレキソン(LDN)のガン治療に関する臨床研究

対象 89例の血液系悪性腫瘍患者
試験 LDN3mg治療群45例、プラセボ群44例
評価 投与前後のQOLをEORTC QLQ-C30で評価
結果 LDN3mg治療群は1・3・5ヶ月と徐々にQOLが改善、5ヶ月後では社会的機能、総合的QOLのスコアが増加、また吐気・嘔吐、食欲低下の改善(p<0.005)が認められた。

低用量ナルトレキソン(LDN)療法の効果が期待できるガン

膀胱ガン、悪性黒色腫、乳ガン、多発性骨髄腫、カルチノイド、神経芽腫、結腸・直腸ガン、卵巣ガン、子宮ガン、神経膠芽細胞腫、膵臓ガン、肝臓ガン、前立腺ガン(無治療)、肺ガン(非小細胞肺がん)、腎細胞ガン、リンパ球性白血病(慢性)、ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫、咽喉ガン

結論

低用量ナルトレキソン(LDN)療法による癌治療は、高濃度ビタミンC点滴治療や化学療法剤などの、癌細胞を殺す治療法ではなく、ガン細胞の成長・分裂・アポトーシスをコントロールする治療法である。

したがって、従来のガン治療や高濃度ビタミンC点滴と併用して治療が行えます。

治療方法

1日1回就寝前に1カプセル(3mg)を服用します。

副作用

  • 不眠や鮮明な夢を見ることがあります。服用開始2週間くらいで慣れてきます。
  • 継続が難しい場合は、メラトニンと一緒に服用するか、起床後に服用します。
  • 多発性硬化症やパーキンソン病では、一時的に症状が悪化することがあります。

癌以外の対象疾患

線維筋痛症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、自閉症、不妊症、子宮内膜症、月経前症候群、クローン(Crohn’s)病、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群、HIV / AIDS、SLE・皮膚筋炎、慢性関節リウマチ、乾癬、類天疱瘡

低用量ナルトレキソンの臨床研究

  • 繊維筋痛症:スタンフォード大学
  • クローン(Crohn’s)病:ペンシルバニア州立大学
  • 広範性発達障害:イスラエル
  • 多発性硬化症:カリフォルニア大学(SF)
  • 過敏性腸炎:イスラエル
  • 乳癌:ミネソタ大学

低用量ナルトレキソンと繊維筋痛症

低用量ナルトレキソンと繊維筋痛症

低用量ナルトレキソン療法は6例(-)が有効、4例(--)が無効であった。有効例はプラセボよりも痛みの強さ、時間、倦怠感、ストレス感が30%改善した。

低用量ナルトレキソン療法とクローン病(ペンシルバニア州立大学)

  • jill Smith教授のグループ
  • パイロット研究(※)として17人の患者に12週間、4.5mgのナルトレキソンを投与。
  • 寛解率67%、p>0.001
  • 89%で何らかの改善。
  • 小児と成人の2つの臨床研究が進行中。

※ 適用用量・適正投与法を推定するための、試験前に行う予備試験

低用量ナルトレキソン療法と多発性硬化症

対象 40人の多発性硬化症のパイロット研究
介入 ナルトレキソンwp6ヶ月間投与
結果 5人が脱落、2人が副作用で中止。1人が進行したが、残り32人は全員が神経症状などの改善が認められた。

低用量ナルトレキソン