AGA(男性型脱毛症)

aga

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

髪の毛1本1本には寿命があります。伸びては抜け、また新しく生えるという成長期、退行期、休止期をくりかえしています。AGAになると成長期が短くなり、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなる事で、薄毛が目立つようになります。

AGAは進行性です。何もせずに放っておくと、髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのため早めのケアが大切です。

AGAの診断と治療

脱毛症にはさまざまなものがあります。AGAは前頭部や頭頂部など限定した場所で起こる抜け毛や薄毛であり、他の脱毛症とは異なります。AGA-newsをご参照下さい。

AGAに対してはフィナステリド、ザガーロを処方しています。

AGA治療で一番大切なことは、根気よく治療を続けることです。治療を始めてもすぐに効果がみられないため途中でやめてしまう人がいますが、治療の効果がみられるようになるまで、一定の期間以上かかります。

料金

初診料:3,240円(再診料:1,080円)
フィナステリド(28錠):7,800円
ザガーロ(30錠):12,960円
処方料:1,000円

※ 受診される方は受付にて、「AGA外来」とお伝え下さい。

参考:AGA-newsザガーロ

AGA